HOME > 常滑眼科クリニック

常滑眼科クリニック

所在地

〒479-0069 常滑市折戸3-1

国道247号線沿い、auショップ常滑隣り

電話

0569-34-8899


 
ネット受付開始のお知らせ

当院では、より便利にご利用いただけるように令和元年6月3日(月)よりネット受付システムを導入いたしました。携帯電話からも、パソコンからもご利用できます。
下の「ネット受付はこちらから」ボタンを押してください。

 

ネット受付はこちらから

 

このネット受付システムを導入することにより、以下の事ができるようになります。

*診察時間外でもインターネット(携帯電話やパソコン)を通じて診察の受付・キャンセルができます。

*事前にどういう相談をされたいかなどを記入することができます。

*ご希望の方に、診察時間が近づいた事のお知らせメールを配信いたします。

なお、ネット受付完了のお知らせをお届けしますので、メールアドレスの登録が必要となります。

ネット受付のご案内書

近視治療のご案内

当院では、小児期の近視進行を抑える『マイオピン治療』を行っております。
マイオピン治療について

職員募集のご案内

視能訓練士(パート)

*詳細は採用情報ページをご覧ください。
採用情報ページ

夏季休暇のお知らせ

8/13(火)~8/17(土)まで夏季休暇のため休診させていただきます。
*8月19日(月)より平常通りの診療となります。

8月
11
12
13
14
15
16
17
18
19

























診療案内
   
午前9:15~12:15 / 
午後4:00~7:00 / 
 
視野検査、散瞳検査、眼鏡処方、初めてのコンタクトレンズを希望される方は検査にお時間がかかりますので、午前10時半または午後17時半までにご来院ください。
診療科目

眼科外来診療一般

手術

白内障他各種手術応需

手術実績

休診日

日曜日、祝日、水・土曜日の午後

駐車場

あり

医師紹介

院長

嶋津 和弘

医学博士、眼科専門医、日本生理学学会員、米国神経科学学会員
 
 
略歴

1988年

名古屋大学医学部卒業

1993年

名古屋大学医学部大学院修了

県立多治見病院眼科医長

名古屋大学医学部附属病院眼科助手

米国国立衛生研究所(NHI)研究員(大脳生理学)

豊橋市民病院眼科副部長

2009年

常滑眼科クリニック院長

学会発表

2006年

東三河症例検討会「腱膜性眼瞼下垂症について」

2008年

日本臨床眼科学会「眼瞼下垂症手術と自律神経機能(特に術前、術後の負荷サーモグラフィーの変化)」

著書

「涙嚢鼻腔吻合術と眼瞼下垂症手術 Ⅱ眼瞼下垂症手術」メディカル葵出版


ごあいさつ

常滑眼科クリニックは10周年を迎えるにあたり、新院長のもと新装開院させていただくことになりました。当院では、眼科全般の診断、治療を行います。白内障、緑内障、網膜硝子体疾患には最新の診断機器を用い正確な診断、治療経過の判定を可能にしていきます。特に涙目とドライアイ、眼瞼下垂症については院長のこれまでの専門医としての経験を生かした診療を行っていきます。
眼科疾患は症状が軽いからと放置していると、急変し失明などの危険が及ぶ場合があります。常滑眼科クリニックでは、心のこもった医療、わかりやすく納得のいく説明で皆様の健康維持のお役に立ちたいと考えております。お気軽に何でもご相談ください。

◆慢性の頭痛・肩こり・冷え性にお困りの方へ
慢性の頭痛・肩こりに悩まされている方があると思いますが、その原因が「まぶた」にあることがあります。冷え性の原因になることもあり、サーモグラフィーにより自律神経機能を調べ、手術後の治療効果を判定します。まぶたの下垂による症状の改善が期待できる場合積極的に手術を行います。

◆涙目・ドライアイにお困りの方へ
涙目、ドライアイについては角膜形状測定装置のTSAS(Tear Stability Analysis System)により涙液安定性を客観的に測定し、その程度および治療のための判断材料とします。涙目の症状があり鼻涙管閉塞がある場合、その道の権威である浜松市の栗橋克昭先生のご支援のもと鼻内内視鏡を用いて正確な診断、治療を心がけます。


医療法人 双樹会 本部
〒471-0025 愛知県豊田市西町6丁目2番地8
Copyright © 2019 医療法人双樹会. All Right Reserved.